プチミニマリストで程よく豊かになる方法

住むこと

最小限のモノと暮らす

持ち物をできるだけ減らし、必要最小限の物だけで暮らす人

このようなライフスタイルを好む人達はミニマリストと呼ばれますが、あなたはどのような印象をお持ちでしょうか?
何もない部屋にポツンと1人座るミニマリストさんの画像をインターネットでたまに見かけたりします。いろんなモノや洋服であふれ足の踏み場もない部屋はさすがに抵抗がありますが、逆に何もない部屋というのもかえって落ち着きません。やはりこれもバランスでしょうか。

私もすっきりした空間が好きなので、自分のお気に入りのモノ、収納できないアイテム以外は何も置かないようにしています。
前の部屋にはテレビやステレオがありましたが、この引っ越しを機に断捨離しました。テレビがない生活ははや3ヶ月ほどになりますが特に不便さはないですね。
NHK受信料のコストカットにもなりましたし、朝の貴重な時間をテレビで奪われるということもなくなりました。
以前よりも有意義な時間を過ごせていると実感しています。無音の部屋で朝に読書をする時間は至福の時。最初は少し迷いましたがよい決断をしたと思っています。

代替品を考える

そうはいっても知りたい情報はあるだろうという意見もあるでしょう。もちろんあります。でもニュースなどはスマートフォンで確認できますし、気になるドラマは民法公式テレビポータルのアプリでまとめて視聴することができます。私は「SUIT」がお気に入りです。
決まった放映時間に自分を合わせるのではなく、自分の好きな時間に観たいものを観るのは、ストレスがなくて自分にはとても合っていると思います

もう1つ大きな断捨離はステレオ。何枚かCDもあったのですがそれも一緒に売却してしまいました。ステレオについては、天井に設置するシーリングライトにスピーカー機能が付いたものを使用しています。そしてスマートフォンからBluetoothで接続してアプリのBGMを流すのです。

通常のステレオと違ってこれは天井から音楽が降り注いてきます。
朝はウクレレや軽めのジャズなんかを流しながらコーヒーを淹れているとなんとも豊かな気持ちになりますね。もし部屋のライトの交換をご検討中の方はオススメです。

居心地のよいスペースがカギ

何もない殺風景な部屋は落ち着きませんが、自分のお気に入りのモノだけを置いたスペースは非常に居心地がよいものです。
あまりモノを置きたくないので、置くモノについては厳選するようになりました。
少々高くても自分の気分がよくなるかどうかを基準にするようにしましたので、失敗した買い物はほぼありません

自分の価値観で出来上がった部屋は、本当に居心地がいいものです。
汚したくないので前よりもまして掃除をするようになりましたし、きれいになることでさらに居心地がよくなって、まさにプラスのスパイラルになっています。

1日のうち一番長い時間を過ごす部屋は大事です。どんな環境なのかで気分も変わるでしょうし、ひいては自分の人生にも影響が出てくると思っています。
大袈裟かもしれませんが、汚いよりはきれいな空間に身をおいた方が気持ちがいいですよね。これからもお気に入りの空間を楽しもうと思います。

いつもありがとうざいます。何かの参考になりましたら嬉しいです。ではまた!

 



コメント