夢も希望もない人生が最高な理由

知ること

何もないことのありがたさ

最近、何かいいことありましたか?

こう聞かれてあなたはどう答えるでしょうか?
実際何かおめでたいことがあれば、あなたは饒舌にその想いを長時間に亘って披露してくれるでしょう。
逆に特に何もない平凡な毎日を送っているとしたら「別に・・」で終わってしまうかもしれません。

しかし、あなたが過ごしている「何もない平凡な毎日」は実はとても幸せなことだったりします。
私たちの知らないところでは日々いろんな事が起こっています。
もちろんいい事ばかりではありません。目をそむけたくなるような凄惨な事件や事故もあります。

そう考えると「何もない平凡な毎日」がとても幸せに輝いて見えてきませんか?
生まれた国にもよりますが、地球上に生きている人間すべてがいろいろな事件・事故に巻き込まれる可能性があるわけです。
そんな中、そんな可能性におびえることなく、風雨をしのげる部屋で寝起きし、蛇口をひねれば水が出て、質はどうあれ3度の食事が当たり前にできる。

そんな環境はとても恵まれているし幸せなことだと思うのです。
「何もない平凡な毎日」をもっと喜びましょう。

未来の準備と今を楽しむバランス

2020年から私たちが暮らす世界は一変しました。
今までの常識は非常識になりつつあり、様々な社会の仕組みが見直され変化した1年だったと思います。この動きは今後もしばらく続いていくものだと思いますが、不透明な未来ばかりを心配していても仕方ありません。

私もたまに気付くのですが、ふと自分の意識が過去や未来にいってしまっている時があります。楽しかった留学時代や、今後どうなるかわからない未来(まだ少し早いですが老後の生活など)ですね。

未来に備えていろいろ準備をすることは決して悪いことではありません。
今後日本で生活していくのであれば、むしろそれはとても必要なことだと思います。
ただ、それも度が過ぎて心配ばかりしてしまうと純粋に今を楽しめません。まだ来ぬ未来をどう思い描いても答えは出ませんから。

人生は「今」の連続です。将来を見据えた準備をしつつ今もしっかり楽しむ。
そんなバランスがとれると精神的にもよい時間を過ごせるような気がします。

夢も希望もない人生を歩もう

「夢も希望もない人生」

あなたはこう聞いてどう思いますか?
羨ましい!是非自分もそんな人生を送りたい!そう思うでしょうか?
恐らく多くの方が「かわいそうに・・」といったネガティブな感想を持たれると思います。

ここでいう「夢」や「希望」とは
「あれが欲しい」「あの国に旅行がしたい」「いい車に乗りたい」
そんな願望をいうと思います。

少し見方を変えてみると解るのですが、これって現状に「満足していない」「不満だらけ」な人生とも言えますね。
今ある環境や持っているもの、それらに全く意識がなく、ないものばかりにフォーカスしています。

「夢や希望のない人生」。

一見ネガティブなイメージがあるこの言葉ですが、今の人生に心から満足していてもう何も望むものがないという意味にも取れます。

「夢や希望にあふれる人生」と「夢や希望のない人生」。
あなたはどちらを選びますか?

今回は以上です。
何か参考になりましたら嬉しいです。ではまた!



コメント