幸福感を最速で感じるのは意外と簡単

知ること

あなたは幸福ですか

現在あなたは幸福ですか?

即答できる方もいるでしょうし、少し考えてしまう方もいるでしょう。
私たちは日々の仕事や生活に追われ、今自分が幸せなのかどうかさえも分からないまま過ごしてしまっているのかもしれません。
もしかしたら他の人から見たらとてつもなく幸せな状態なのに、肝心の本人がその状態に慣れてしまっているという場合もあります。

そもそも「幸せ」って何ですかね。
大きな邸宅に高級車、年に数回の海外旅行・・誰もがうらやむようなライフスタイルはもちろん「幸せ」でしょうし、「家がある」「毎日の食事がある」「健康で毎日働ける体がある」ことも幸せと呼べるでしょう。
これは人の価値観によってさまざまです。とにかく他の誰でもない「自分が」幸せと感じることができるのであればそれは間違いなく「幸せ」なのです。

「幸せ」とは・・
という問いからは、とかくお金がないと感じることができないような事が浮かんでしまいがちですが、必ずしもそんなことはありません。
お金がなくてもお金をかけなくても、お金では手に入れられないような価値のある「幸福感」を手に入れることはできます。
ではその方法とは何なんでしょうか。

幸福の定義

「幸せ」は人の価値観によってさまざまというお話をしました。
もちろん「風呂上りの1杯のビール」や「大切な人とのリラックスタイム」などのような個人的な幸せはさまざまです。
しかし大きな定義として以下の3つがあげられるようです。

  • 誰かに何かをしてもらう幸せ
  • 自分で何かを達成できた幸せ
  • 誰かに何かをしてあげる幸せ

この3つはなんとなく納得できるのではないでしょうか。
1つめの「何かをしてもらう幸せ」は特に大事だなと思います。

私たちはおぎゃーと生まれたその瞬間から、必ず誰かのお世話になっています。
ミルクを与えてもらい、おしめを替えてもらい、安全な場所を提供してもらい、そして今日のあなたがいるはずなんです。
生まれた翌日からスーツにネクタイ姿で仕事に出かける人はいません。

今どんなに自分が幸せではないと感じている人であっても、すでに「何かをしてもらう幸せ」は感じているはずなんです。
もちろん当時のことは覚えていないと思いますが、あなたは皆に祝福され歓迎されていたはずなんです。
このことはまぎれもない事実であり、ぜひ覚えておきたいことですね。

最速で幸福感を感じるのはコレ

幸せを感じる大きな3つの定義をあげましたが、最速で幸福感を感じることができるのは、そうです。3番目の「誰かに何かをしてあげる」ことなんです。
2番目の「何かを達成できた幸せ」ももちろん幸福感はあるのですが、それは長続きしないといいます。

例えば現在年収300万円の人が、年収500万円を目標にしたとします。
そして日々の努力と根性でついに念願の年収500万円を達成しました!その瞬間はもちろん最高の気分でしょう。天にも昇る心持とはこのことです。

しかしです・・その幸福感は長続きせず、今度は年収1,000万円の人たちが気になります。そして目標は年収1,000万円になり、またゴールが遠のいて・・
これではとても幸せを感じる余裕がありませんね。

一方、誰かに何かをしてあげる幸せは、お金をかけることなくしかも最速で幸福感を手に入れることができます。しかもその幸福感は持続する時間も長いといいます。こんなにコスパ?のよい行いはないと思いませんか?

「友人に興味のありそうな情報を提供する」「忙しそうな同僚の仕事を手伝ってあげる」「空いた時間にボランティア活動に参加する」など、今自分にできるほんの小さなことでも十分幸せを感じることができるのです。

私事ですが、最近近所の日本語教師のボランティア活動に参加しています。日本人なので資格はいりません・・教室では中国やインドネシア、韓国など様々な国の人たちが一生懸命日本語を学んでいます。
そんな熱心な彼らの姿に刺激を受けますし、また日本語の難しさも改めて実感したりしてとても有意義な時間を過ごしています。

これが誰かに何かをしてあげる幸せなんだなと感じています。
ほんの小さなことでいいんです。ぜひ身の周りの誰かに何かをしてあげてください。
その何倍もの幸せを感じることができるはずです。

今回は以上です。何か参考になりましたら嬉しいです。ではまた!