やっぱり見た目が大事な理由

知ること

第一印象は見た目が55%

ビジネスであれプライベートであれ、私たちは初対面で会う人を無意識にそして一瞬で判断しています。見た目の印象から、その人の育ちやどんな性格なのかという内面的な面までもなんとなく想像できますよね。
こう考えると普段から自分の印象に常に気を配っておくことは非常に重要です。「人間は中身が大事」とは言ってられないようです。

メラビアンの法則という法則をご存知でしょうか?
これはアメリカの心理学者であるアルバート・メラビアン氏が提唱した法則です。
その法則によると、話をする際に相手に伝わる情報として「話の内容」が7%、「声のトーンや大きさ」が33%、そして「見た目」が55%を占めるといわれています。

ビジネスでプレゼンをする際も同じで、その伝わる割合の半分以上が「見た目」という視覚情報なのです。

「声のトーンや大きさ」という聴覚情報は33%、そして一番苦労するプレゼンの内容(言語情報)についてはたったの7%というのはなんとも切ない法則です。
やはり私たちは老若男女見た目に気を遣い続けなくてはいけないようです。

見た目に気を配る自分へのメリット

自分の第一印象が他人に影響することはもちろんありますが、他人だけではなく自分へのメリットもありますね。

例えば朝出勤する前に鏡に映る自分を見て、肌艶がよく髪型もばっちり決まるとその日なんとなく自信をもって行動できたりすることってありませんか?
逆に寝不足で目の下に大きなクマができていたり、肌の色も悪く髪型もイマイチという日は、なんとなくいけてない1日だったりします。

人間、単純な一面があって、自分の見た目によってその日の気分や仕事のパフォーマンスにも差が出たりします。それはとりもなおさず自分が見る「自分の見た目」が原因なのでしょう。

こう考えると、自分の見た目を常に意識して気を配ることは、忘れがちなんですが実は非常に大事だってことに気がつきます。

「もう歳だから」「どうせ誰も見ていないから」

そんなことはありません。あなたは必ず自分の姿を見ているはずです。あなたが見る「自分の見た目」で積極的になれたりハッピーな気分になれたらよくないですか?
自分のためにも自分の見た目に気を配りましょう。人生大きく変わるかもしれません。

自分への影響

では具体的にどんなことから始めましょうか。
初対面で一番初めに目がいくのはどこですか?そう、顔ですね。
やはりまずは顔に気を配ることから始めるのがいいでしょう。

最近では男性でもメイクをして出かけるという方もいるようです。私はそこまでできませんが、肌には気を遣うようにしていますね。あとはシワやたるみも年齢がいけば気になるところ。このあたりも毎日のケアで改善させましょう。

ということで、最近アンチエイジングデザイナーさんの本を購入しました。

一生劣化せずに今すぐ若返る「整筋・顔体」村木 宏衣著

基本的に女性向けですが、非常に分かりやすくしかもその内容は決して難しいものではありません。風呂上がりに少しずつやっています。まだ始めて間もないので成果についてはなんともですが、今後少しずつ現れてくるのかなと思います。

自分の見た目に少し気を配ることで周りにも自分にもいい影響を与えるのであれば実践しない理由はないですよね。そんな積み重ねがひいては豊かな気持ち、人生につながってくるんだと思います。

今回は以上です。ありがとうございました。
何かの参考になりましたら嬉しいです。ではまた!



コメント