人生を豊かに変えるたった1つのコト

知ること

人生最期の瞬間に想うこと

あなたはご自身の人生の最期の瞬間にどのような想いで旅たちたいですか?
唐突に不謹慎な質問ですが、少し考えてみてください。
当然すべての方が「あ~いい人生だった」「もうやり残すはないな~」と満足して最期を迎えたいと思っていることでしょう。

しかし、すべての方がそんな素晴らしい最後を迎えていないのはなんとなく想像できると思います。むしろ十分満足してあの世に旅たつ方の方が少数派ではないでしょうか。

何かの本で読みましたが、人生最期を迎える時の後悔で圧倒的に多いのが次の2つというこです。

  • あんなに働きすぎなければよかった
  • もっと自分の思うように生きればよかった

あなたはどう感じたでしょうか?

時間(命)は有限

「時間は有限」です。
誰に言われるまでもなく、多くの方が頭では十分に理解していることだと思います。
しかし、これほど重要な事実であっても、私達は日々の生活に追われる中でついつい忘れてしまいます。

私も含めて多くの方は、明日も明後日も来週も来年も、あたりまえのように今の生活が続くと「錯覚」しています。
しかし残念ながら実際はそうではありません。ある日突然事故や事件に巻き込まれて、昨日までの平穏な日々が残酷なまでに奪われることだって実際にあります。

SNSである衝撃的な動画が公開されていました。
湖でしょうか。ある広い水飲み場で若いチーターが水を飲んでいました。
実はその若いチーターを巨大なワニが狙っていたのです。

水面に小さな波1つ立てずに近づいた巨大ワニは突然若いチーターに襲い掛かりました。
サバンナでは常に勝者だったであろうチーターも、大した抵抗もできずに一瞬で湖に引きずり込まれました。
その間わずか5秒もなかったと思います。当のチーターもその日、まさか自分の生涯が終わるなんて思いもしなかったでしょう。

私達人間も例外ではありません。
こう考えると限りある平和な今という時間がとても愛おしく思えてきませんか?

今・今・今

すでにいろいろな方や書籍でも述べられていることですが、人生とは結局「今」の積み重ねです。「過去」や「未来」ではなく「現在」なのです。
今変えられない「過去」をいつまでも思い煩うのではなく、今どうしようもない「未来」を不安に思うのでもなく、今この瞬間あなたの手でどうにでもなる「現在」を豊かな時間にするのです。

結局「人生を豊かにする」ことはそんなに難しいことではなくて、「今この瞬間を気分よく過ごす」ということに集中するだけのようです。
もちろんいろんなことが起こりますので、常に気分よくいられないことだってありますが、その気分とどう付き合うかも今この瞬間のチョイスで変わってきますね。
いつまでもマイナスの感情をくすぶらせ周りにあたりちらすのか、さっと切り替えてお気に入りのアロマを焚き大好きな本とカモミールティーで至福の時間を過ごすのか。

その突発的な怒りや悲しみの感情を瞬間で打ち消し、自分の機嫌を取るための「引き出し」をたくさん持つことが大事なような気がします。
ウォーキングやジャズ、熱いお風呂やコメディーショーもいいですね。とにかくあなたがあなたの喜ぶことをしてあげるのです。
「豊かな人生」とはお金をたくさん稼ぐことではなくて、ただ「平和で穏やかな気分」でいる時間の積み重ねの先にあるものかもしれません。

「成功」の周りに「幸福」があるのではなくて、「幸福」の周りに「成功」が寄ってくるのだと言った方もいます。
まずはあなたが豊かな気分になって「幸福」を味わっていると、自然と「成功」が近づいてくるようです。

今回は以上です。何か参考になりましたら嬉しいです。ではまた!



コメント